「さいたま市」保健所長の西田道弘「病院あふれるの嫌」話題になっています。

「さいたま市」保健所長の西田道弘「病院あふれるの嫌」




病院あふれるの嫌

「さいたま市」保健所長、西田弘道の顔画像↓Facebookや経歴は?

 

「病院あふれるの嫌」と「さいたま市」の保健所長が、PCR検査の基準を厳しく設定していたことが報じられ世間の注目を集めています。

遂に保健所長がPCR検査を意図的に抑制していたことを白状しました。

さいたま市の保健所長が「病院あふれるの嫌」という理由で検査の基準を厳しくしていた




新型コロナ
ウイルス感染の有無を調べるPCR検査が、さいたま市では2カ月で171件にとどまったことについて、市の西田道弘保健所長は10日、記者団の取材に「病院があふれるのが嫌で(検査対象の選定を)厳しめにやっていた」と明らかにした。

さいたま市は2月に検査を開始し、今月9日までに171件。同市より人口、感染者ともに少ない千葉市は同日時点で4倍以上の700件を超えた。

西田氏は軽症や無症状の患者で病床が埋まるのを懸念したと説明。「検査を広げるだけでは、必要がないのに入院せざるを得ない人を増やすことになる」と述べ、ホテルなど滞在先施設の確保が必要だと強調した。

さいたま市は10日、市内の3病院で50床を確保し、来週から順次使用できるようにすると発表。ホテルや公共施設など軽症者の滞在場所も探すとしている。

検査数を巡っては、清水勇人市長が9日の記者会見で「必ずしも十分ではなく増やしたい」と話していた。

上記の通り、所長はコロナ患者が病院に殺到する事態を危惧したため、PCR検査の基準を厳しく設定していたようです。

 

確かに、大量のコロナ患者が病院に押し寄せれば、二次・三次感染・院内感染などの危険性が高まり、医療崩壊という最悪のシナリオの可能性もあります。

 

陽性であることを自覚することは、他者への感染を防ぐためにも非常に有益な情報なのです。
ただ、検査基準を引き上げたことで、陽性反応がでなく「隠れコロナ患者」が検査をすり抜け感染を拡散している可能性があります。

 




この問題が報じられた直後からネット上では「愚策」や「隠蔽工作」などの批判が続出しています。

 

SNSの反応

 

 

一体、この保健所長とは誰なのでしょうか?

名前は「西田弘道」。顔写真は

 

 

 

 

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)