日. 9月 20th, 2020

果物の女王 マンゴジュース身体・美容のための10の効能




マンゴーは最もおいしいと健康的な果物の一つとして考えられている。”果物の王様”は、黄色、赤橙色または緑色の
皮と濃い黄色果肉。
この熱帯の果実は、4000年も昔からインド亜大陸のサブヒマラヤ平野で始まり、インドの多くの地域だけでなく、
世界各地の熱帯気候で栽培されています。
日本では沖縄県・宮崎県・鹿児島県・和歌山県・熊本県で主に栽培されいます。

1。がんを防ぐ。

マンゴーはアストラガリン、methylgallat、イソクエルシトリン、フィセチン、ケルセチン
および没食子酸を含む抗酸化化合物を含まれています。

乳癌、結腸癌、白血病および前立腺癌のリスクを低減するのに有効であると考えられてます。
水溶性食物繊維「ペクチン」は、マンゴー中多く含まれています。
最新の研究によると、ペクチンは、
癌細胞内で機能要素である免疫性を高める「ガレクチン9」が含まれガンの増殖を抑えます。
さらに、マンゴーの他にもがルペオール「前立腺癌の腫瘍細胞を抑制します。

 

2。コレステロールレベルを低下させる。

マンゴジュースに含まれているペクチンとビタミンCは血中のコレストロース値を抑え
ビタミンCを十分補う事ができます。

 

3。血圧を安定させる。





マンゴージュースには筋肉、心臓、神経 ‘の機能を補助する重要な栄養素カリウムが含まれています。
これにより血圧流れのバランスを調整し血圧を安定させる事ができます。

4。貧血を予防する:

マンゴーに含まれる鉄・葉酸は貧血の予防に働きかけてくれます。
葉酸の働きとしては、新しい赤血球をつくる成分で、赤血球のもととなる赤芽球の合成に関わる必要不可欠なビタミンです。

5。目に効果があります:

マンゴーやマンゴージュースを食べると、視力の低下・疲れ目に効果があります。
重要な栄養素、ビタミンAは、良好な視力を促進することに加えて目の乾燥や夜盲症、
等を防ぐ効果があります。

6。美肌効果

マンゴージュースのメリットは、必要な栄養素を大量に体内に吸収する事で
美肌効果を高める事ができます。
にきびおよび他の皮膚のトラブルは、マンゴー果実を食べることで治療することができます。
マンゴーの皮を剥いた時、皮の内側でマンゴーパックをします。マンゴーパックは約10分間。
10分時間が経過した後、ぬるま湯でマンゴーを洗い流しましょう。
お肌がツルツルになります。
※必ずパッチテストをしてから行いましょう。

7。身体がアルカリ性体質に

リンゴ酸、酒石酸、クエン酸のトレースは、新鮮なマンゴージュースで吸収できます。
これらの酸は、体内のアルカリ体質を維持するために役立ちます。
身体が酸性体質からアルカリ体質に変えることで免疫性の向上。
ガンなどの病気の予防に効果があります。

8。糖尿病の予防効果に

糖尿病は、疎かにできない深刻な病気です。
これは、体内の血糖値の上昇により引き起こされます。
糖尿病の最も一般的な原因は、高血圧、高コレステロール血症およびインスリン抵抗性が挙げられる。
(砂糖なし)マンゴー果汁は、インスリンレベルを正常化する、血圧を維持し、悪いコレステロールを取り除き
血糖値の上昇を防ぎ血糖値をコントロールする事ができます。

9。消化を助ける

マンゴージュースは消化酵素を含んでいますので食事の時にマンゴーを食べると消化を助ける効果があります。
あなたは便秘に苦しんでいる場合、グレープフルーツ、パイナップルジュース、にマンゴを加えて飲むと
便秘が治ります。

マンゴージュースの栄養価:





マンゴージュースは、いくつかの貴重な栄養素を持っています。一つのカップマンゴージュース未満1グラムのタンパク質、脂肪とコレステロールのそれぞれと、128カロリーが含まれています。炭水化物の33グラム、繊維の0.8グラムは、1食分でご利用いただけます。

新鮮なマンゴージュースは、いくつかの貴重なビタミンB、E、Kと一緒にビタミンC&Aが含まれています。

  • カリウム61グラム
  • カルシウム43グラム
  • マグネシウム8gの
  • リンの5グラム
  • 鉄0.9gの
  • セレンの1.0 MCG
  • ナトリウム13グラム

セブ ドライマンゴー 200g




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)