女優の岡江久美子さん 新型コロナで死去 63歳。ショックが大きく、皆さまに対応できない状態

情報番組の司会で知られる俳優の岡江久美子さんが23日午前5時20分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため東京都内の病院で死去した。

 

岡江久美子




女優・岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で23日、都内の病院で亡くなった。63歳。所属事務所が発表した。

今月3日に微熱があり、6日に容態が急変し、入院していた。

岡江さんはTBSの朝の情報番組「はなまるマーケット」の顔として、14年3月まで17年間、薬丸裕英とのコンビでお茶の間にさわやかな笑顔を届けていた。




事務所によると、岡江さんは昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで放射線治療を行っており、免疫力が低下していたことが重症化した原因とみられるとしている。

また、「岡江の入院以来、夫、大和田獏と娘、大和田美帆はそれぞれの家で外出を自粛しております。現在症状は出ておりません。ただ、ショックが大きく、皆さまに対応できない状態です。しばらくはご静観ください」と呼びかけている。

 なお、通夜及び葬儀は未定で、後日「お別れの会」を実施する予定。

 岡江さんは1956年8月23日生まれ。東京都出身。TBS系ドラマ『天までとどけ』やテレビ朝日系ドラマ『味いちもんめ』に出演したほか、TBS系の情報番組『はなまるマーケット』で薬丸裕英とともに約17年にわたり総合司会を務めるなど、テレビ番組を中心に幅広く活躍していた。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)