生活費に困ったら緊急小口資金貸付で急場をしのごう!

Pocket

公的資金の小口資金貸付制度を利用しよう。




公的資金の緊急小口資金貸付とは

急遽、一時的に生計の維持が困難となった場合(医療費などの支払い、給与の盗難や紛失、火災などの被災、年金・初回給与等の支給待ちなど)に無利子で小口の資金を貸し付ける制度の事です。

無利子で貸し付けてくれるので経済的負担が軽減されます。

 

利用できる世帯





(1) 低所得世帯であること

  • これまで生計を維持してきた世帯であること
  • 世帯の収入が下記の収入基準を超えない世帯であること(収入が多いと貸し付けの対象になりません)

収入基準(平成24年度)  ※収入基準は毎年改定されます

世帯人員 1人 2人 3人 4人 5人
平均月額 177,000 261,000 319,000 376,000 411,000

 

(2) 緊急かつ一時的に生計維持が困難な状況であること

  • 急いで資金を必要としていること
  • 一時的な生活困難であり、10万円以下の貸付を行い生活費に充てることで、その後はご自身の収入で日常生活が可能であること

 

(3) 返済(償還)の見通しが立つこと

  • 資金交付日の翌月から3ヶ月目より開始となる返済(償還)が可能な見通しが立つこと

上記(1)~(3)に該当しても、次の方はご利用できない場合があります。

 

  • 母子世帯、寡婦世帯(母子寡婦福祉資金貸付制度を優先)
  • 生活保護世帯
  • 現在の居住地に住民登録のない方(住宅手当の申請をしている場合を除く)債務の返済に充てるために資金を借りようとする方
  • 収入がないか又は少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯
  • 民生委員及び市社会福祉協議会の指導援助を拒否される方
  • 自立及び償還の見込がないと認められる世帯等

緊急小口資金貸付理由





一時的に生活費に困窮した理由が下記の「貸付対象理由」に該当すること

  1. 医療費または介護費を支払ったことなどにより臨時の生活費が必要なとき
  2. 給与などの盗難または紛失によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
  3. 火災等の被災によって生活費が必要なとき
  4. 年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
  5. 会社からの解雇、休業等による収入減
  6. 滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによる支出増
  7. 事故等により損害を受けた場合による支出増
  8. 社会福祉施設等からの退出に伴う賃貸住宅の入居に伴う敷金、礼金等の支払いによる支出増
  9. 初回給与支給までの生活費が必要なとき

緊急小口資金貸付に必要な書類

必要書類
①借入申込書  ※用紙は相談窓口にあります
②住民票の写し(世帯員全員分、発行後3ヶ月以内のもの)
③本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等)
※単身者・居住1年未満の方は顔写真つきの書類が必要です
④健康保険証
⑤借入申込者の世帯の収入証明(源泉徴収票の写しや確定申告書の写しなど)
※生計中心者及びその配偶者、世帯の生計維持に寄与している方の分が必要です
⑥借用書  ※用紙は相談窓口にあります
⑦借入申込者の実印とその印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
⑧預金口座振替依頼書
※用紙は相談窓口にあります
※資金を振り込む口座の確認や、返済金の口座振替の手続きも行いますので、通帳と口座お届け印もご持参ください
⑨借入理由による確認書類 (借入理由に応じて必要な書類についてご説明します)

 


◆医療費の支払いにより臨時の生活費が必要なとき
○医療費の領収書(1ヶ月以内のもの)等

 

◆年金の支給開始までに生活費が必要なとき
○ 年金事務所発行の給付開始日と給付額が確認できる書面 等

 

◆雇用保険給付制限期間中に生活費が必要なとき
○ 雇用保険受給資格者証
○ 認定スケジュール表 等

 

◆公的職業訓練手当等開始までに生活費が必要なとき 〔職業訓練受講給付金待ちの場合〕
○ 就職支援計画書(写) 等
※「 就職支援計画書」に事前審査結果が未記入の場合は、「職業訓練受講給付金事前審査通知書」(写)も必要 〔訓練手当待ちの場合〕
○ 訓練手当受給資格認定書 等

 

◆初回給与支給までの生活費が必要なとき
○ 雇用証明書(様式あり)
○ 社会福祉協議会から勤務先への電話などによる客観的な在籍確認 等

⑩その他
※借入理由・世帯状況に応じて必要な書類等の提出を依頼する場合があります

 

 

状況により該当者が必要になる書類

 

状 況 必要な書類
借受人が外国人の場合 在留カード 又は 特別永住者証明書 の写し
(未交付の場合は外国人登録証明書の写し)
世帯員に負債がある場合 負債の残額、返済状況等がわかる書類

 

緊急小口資金の申請窓口は、現在の住所(住居のない方の場合は住宅手当を利用して入居する予定の賃貸住宅の住所)を管轄する市町村の社会福祉協議会です。

 

全国の都道府県社会福祉協議会一覧




全国の社会福祉協議会 お問い合わせ先一覧
北海道   北海道社会福祉協議会 青森   青森県社会福祉協議会
岩手   岩手県社会福祉協議会 宮城   宮城県社会福祉協議会
秋田   秋田県社会福祉協議会 山形   山形県社会福祉協議会
福島   福島県社会福祉協議会 茨城   茨城県社会福祉協議会
栃木   栃木県社会福祉協議会 群馬   群馬県社会福祉協議会
埼玉   埼玉県社会福祉協議会 千葉   千葉県社会福祉協議会
東京   東京都社会福祉協議会 神奈川   神奈川県社会福祉協議会
新潟   新潟県社会福祉協議会 富山   富山県社会福祉協議会
石川   石川県社会福祉協議会 福井   福井県社会福祉協議会
山梨   山梨県社会福祉協議会 長野   長野県社会福祉協議会
岐阜   岐阜県社会福祉協議会 静岡   静岡県社会福祉協議会
愛知   愛知県社会福祉協議会 三重   三重県社会福祉協議会
滋賀   滋賀県社会福祉協議会 京都   京都府社会福祉協議会
大阪   大阪府社会福祉協議会 兵庫   兵庫県社会福祉協議会
奈良   奈良県社会福祉協議会 和歌山   和歌山県社会福祉協議会
鳥取   鳥取県社会福祉協議会 島根   島根県社会福祉協議会
岡山   岡山県社会福祉協議会 広島   広島県社会福祉協議会
山口   山口県社会福祉協議会 徳島   徳島県社会福祉協議会
香川   香川県社会福祉協議会 愛媛   愛媛県社会福祉協議会
高知   高知県社会福祉協議会 福岡   福岡県社会福祉協議会
佐賀   佐賀県社会福祉協議会 長崎   長崎県社会福祉協議会
熊本   熊本県社会福祉協議会 大分   大分県社会福祉協議会
宮崎   宮崎県社会福祉協議会 鹿児島   鹿児島県社会福祉協議会
沖縄   沖縄県社会福祉協議会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)