収入が無くても借りられる!即日融資が可能!

Pocket

収入が無くても借りられる!キャッシングの方法!





お金が無い!今、収入が無いから生活する為にお金を借りたい!しかし、「無理だろうな」とあきらめるてはいませんか>
お金を借りるのをあきらめる必要はありません。

 

お金に関する知識があれば知識を有効に使ってキャッシングする方法はあるのです。

 

お金をかりるのに予備知識として知っておきたい法律があります。
知識が無くても、簡単に利用できるこの頃ですが、知っておいた方が、より簡単にキャッシングを活用できること間違いありません。

 

キャッシングはちょっとしたコツで、おトクに借入できたりしますから、知識や情報量が多い方が有利に働きます。





収入が無くても借りられる方法を中心に、キャッシングの方法の紹介。

キャッシングをすることは、貸金業法という法律に基づいて決められています。
その中でも、私達利用者に関わる内容は、以下の通りです。

貸金業者登録した者だけが、貸金業を営める
総量規制によって、貸付総額は年収の3分の1を限度とする
貸金業者とは必ず貸金業者登録しなければなりません。登録されていないものは、全て違法ですから、利用すると高額な金利などを
要求される事があるので、注意が必要です。
私達利用者は、違法業者でない事を確認した上で利用すべきです。

違法業者が絶対的に悪いわけですが、その様な違法業者に引っ掛からない様にすることは、自分の責任になります。

総量規制とは、消費者金融やカード会社、信販会社からのキャッシングを制限するもので、借入総額が年収の3分の1以上借入できない仕組みを言います。よって、収入の無い人の借入れは一切できません。ただし、銀行からのローンは対象外とされていて、借入総額に算入されません。

 

総量規制を知っていて利用すれば、専業主婦でも楽々キャッシングできる





銀行ローンは総量規制対象外といいました。(銀行ローンが規制なしで大量に貸し付けているため現在いろいろと問題になっています。)
総量規制に該当する消費者金融のローンは収入があることが前提ですから、何らかの職に就いている必要がありました。

しかし、総量規制対象である銀行ローンは無職でも借入が可能なのです。

その際の条件が一つだけあります。

配偶者が就業していて、安定した収入がある人
収入が一切ない人に返済能力は有りませんから、生計を一緒にしている配偶者の収入をもって、審査を通す方法です。

銀行によって違いが有りますが、専業主婦の借入限度額は、30万~50万に設定しているところが多いようです。

配偶者に借入がほとんどなければ、あっという間に審査も終わりますので、専業主婦でも楽にキャッシングができます。夫婦逆転の、専業主夫であっても、奥さんに安定収入があればキャッシングは可能です。

総量規制対象を使っても、借入できない場合があるります。

 

専業主婦(夫)は配偶者の安定収入があれば借入可能ですが、収入の無い人が借入を希望する場合で、配偶者がいない場合は、
同一世帯(生計を一緒にしている)の親子などの血縁者がいても、借入はできないことになっています。

夫婦の場合は、生活を一緒にしていることが婚姻していると言う事実で裏付けが取れるからだと思いますが、
親族の場合は本当に生計を一緒にしているか、安定した収入があるかという裏付けが取れないから利用できない様です。

借入しようとする主婦自身が年金受給者の場合、借入出来ない事がありますが、配偶者に安定した収入る場合は、専業主婦ということで、銀行ローンで借入する事は可能となります。

総量規制対象外であっても、借入が出来ない条件もある事を理解しておくと良いと思います。

借入総額が総量規制オーバーしてしまっても消費者金融からお金を借りる方法!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)