Pocket

借金を踏み倒して失踪する方法








借金取りの執拗な取立てにヘキヘキしたり殺意を感じた事はありませんか?
確かに借りた方に負はありますが、借金で首が回らない状態なのにお金を返す金がないのです。
生活するのに自分または家族は毎日の生活をしなければなりません。


毎日の生活のが大変なのに家族の食事ができなくなるのにお金を返す事はできません。
お金を返したらみんながお腹を空かし餓死寸前になってしまいます。
あまりにも借金取りの追込みがキビシイと毎日の追い立てから逃げてしまいたいと思うのは人情です。

 

 

借金から逃れるために失踪して、新しく人生をやり直したいと思うのではないでしょうか?

 

自己破産などの法的制度を行使すれば、失踪しなくても借金を整理して生活再建をする方法がありますが
すべての人に自己破産が適応されるとは限りません。
自己破産の方法はこちらを参考にしてください。
自己破産をするにしても、自己破産が決定するまで毎日、借金取りが厳しく取り立てにやってきます。
あなた1人でしたらどこでも簡単に失踪する事ができるでしょうが家族がいると、そうは簡単にいきません。

 

借金取りから誰にも気が付かれずに、失踪する方法をお教えます。

 

あくまでも自己責任のもとで実施するようにしてください。

※もし失踪の借金が理由であれば、借金はこちらで減額できます。




誰からも知られず気付かれずに静かに消えていく方法がありますが消える足跡を残さないようにしなければなりません。

失踪宣告書を書く

失踪宣告書(一口で言えば書置きを残す)。

家族に何の連絡もなく失踪してしまうと、家族の誰かが(親兄弟や親戚縁者)「事件に巻き込まれた?」「心配で」警察に行方不明の届けをだします。

自分の意志で失踪するのであって、事件性はないこと「理由を書いても書かなくても大丈夫」
行方不明(失踪中)に自殺などしないので心配しないでください。
いつかは必ず返ってくるまたは必ず連絡をする
失踪した日付と日時を明確に書く。

一般的には借金などで失踪した場合、警察が積極的に捜査する事(探し出す)しません。

捜索願の事を簡単に説明しましょう。

警察に捜索願を出すとどうなる?

一般的に「家出人捜索願」を提出することで捜査が行われると考えられていますが、実際はそのようなことはありません。
警察は、捜索願を提出すると「一般家出人」「特異家出人」に分類します。
 「一般家出人」とは民事に関する家出人のことを指し、成人が自らの意思で家出したり、借金などの夜逃げなどのケースでは捜査は行われません。
「特異家出人」とは幼児、病人、老人など自分の意思で失踪することが考えられない者や事故に巻き込まれた可能性のある者、
または、殺人、誘拐などの事件に関わりのありそうな者や、遺書や日頃の言動から自殺の可能性が考えられる者を指し、
このような状況の場合にのみ、 専任の捜査担当者が配置され、大規模な捜索活動や公開捜査が行われます。

人命にかかわる恐れがある場合だけ、警察では捜索活動をするということになります。

 

住民票の移動は、絶対にしてはいけません

借金その他の理由で失踪しようとしたら住民票の移動は絶対に厳禁です。

なぜって!?

住民票の転出・転入手続きを行えば住民票を閲覧する債権者や家出人捜索願を出している家族が
あなたを簡単に探し出す事ができるのです。
住民票がないと社会生活は制限される!

 

通常の引越しの際には、引越し先に住民票を移すことによって、引越し先の自治体の行政サービスを受けることになります。
しかし、失踪中に住民票を移してしまうと、その自治体に引っ越してきた住所がバレてしまいます。
一旦、その自治体に住所を移して違う場所に移って基本的なサービスを受ける事はできます。
基本的なサービスとは国民健康保険、免許の更新などその他。
要は債権者から見つからなければ良いのです。

家を借りる事ができなければ友達を作って同居させてもらうか、アパート・マンションをシェアーすれば
住む所に困ることはないのです。

社会的つながりは最小限にする

誰にも見つからずに失踪する方法は、思いついてからすぐに失踪すると失敗する恐れがあります。
何も持たずに身体1つで消えてしまえば良いのですが、やはり最低の身の回りの物が必要となる場合があります。
FacebookやツイッターなどSNSなども止めてしまいましょう。
会員を脱退すれば良いのです。

社会的つながりをなくすことで、あなたが失踪した時に気付く人が少なくなります。
SNSで社会的な繋がりをもっているとすぐに場所を特定されてしまいます。

家族に電話をしたら電話記録から追跡され居場所を特定されます。
失踪後も家族との連絡を持ちたいのであればフリーのEメールアカウントを取得して連絡をとる方法はあります。

SNSで個人情報を特定されないチェック項目





SNSに何か載せるとすぐに個人情報がバレてしまう!?なんて思ってしまうけど、上手に工夫することで漏えいは防げます。

次の方法を心がけて、個人情報を守りましょう。

・ネット上に個人情報に関わることは書かない
・ツイッターなどで「今帰ったよ」「今ここにいるよ」というリアルタイム情報は載せない
・個人が特定できるような写真は一切載せない

写真をアップする前に「特定されないか」というチェックは必ず行いましょう。

車のナンバーや名札などが映っていないかどうかも確認をしましょう。

 

カードは使わない。現金払いが原則

クレジットカードやポイントカードを始め、カード類はすべて処分しましょう。
スパイ映画ではありませんがカードで買物をしたら場所の特定ができてしまうのです。
買物は現金で払い、過去の生活とのつながりが少しでもあるカード類は一切手放しましょう。とにかく過去の生活と関連のあるものを使わず、切り離すことが重要です。

他人や企業と接触する際には、常に「追跡が最も難しい手段を使っているか」と自らに問いかける癖をつけましょう。たとえば、古いカフェでコーヒーを現金で買う。これは人目につきません。では、空港のカフェで、監視カメラの撮影範囲内でコーヒーをクレジットカードで買う。これは、内密に実行しているとはまったく言い難い行動です。とにかく、現金が一番です。