借金を踏み倒す方法!

Pocket

借金は踏み倒せる!借金踏み倒しの方法!





お金を借りたら基本的には借りた方に返済しなければなりません。

中には返したくても生活苦で返せない人もいるのです。また、返せる生活能力があっても返さない人もいます。
低金利で借りていればいろんな方法で返済をする事ができますが高金利で借りていれば月々の支払い、期日が来た時の
返済額が高額になり返済が困難になります。

 

お金を貸した人が借金をした人に電話連絡または家に訪ねても電話に出なかったり、居留守を使ったりと貸した側も
お金の返済を迫るのが大変です。

その内、連絡が取り無くなりいわゆる「借金の踏み倒し」の状態と捉えられてしまいます。

 

借金の踏み倒しは可能なのか?

一般に借りたお金を返済期日までに支払わない場合や一定期間返済しないで滞納している場合は、「借金の返済が滞る」といった表現を使います。

返済を求めても長期にわたって返済しない状態を「借金の踏み倒し」と判断してしまいます。

借金の踏み倒しは可能です。

5年ないし10年という長期間について貸金業者や銀行等からの連絡を一切受け取らなければ借金を踏み倒す事が可能です。

住んでいる所を突き止められ請求書が届いたり電話を受取ったりすると「時効期間」が解除されます。
住所を変更して姿を消せば請求書が届いたり電話を受取った日から同じように5年ないし10年という長期間について貸金業者や銀行等からの連絡を一切受け取らないようにしなければなりません。

 

 

借金の消滅時効

借金の消滅時効は、原則として「10年間」とされています。ただし、商法の規定で定められている「商行為によって生じた債権」の消滅時効は、原則として「5年間」です。(個人の場合は商法はあまり参考にする必要はありません)

 

サラ金業者の貸金債権の時効期間

法人のサラ金業者の場合、貸金債権の時効期間は「5年間」となります。
サラ金業者が「個人」である場合は「10年間」となります。

税制上、サラ金業者のほとんどが法人企業です。サラ金業者の貸金債権の時効期間は「5年間」てず。
街金などの個人経営の場合は「10年間」となります。

 

 

銀行の貸金債権の時効期間

銀行の貸し金債権の時効期間は「5年間」です。
銀行からの連絡を5年間絶てば借金を踏み倒す事ができるのです。

 

 

債権者 債務者
金融機関 会社(法人)・個人事業主 個人
銀行 5年間
信用組合 5年間 10年間
信用金庫
農業協同組合(JAバンク)
労働金庫

 

時効を成立させる条件!

時効を成立させるには条件クリアしないと時効が成立しません。
・時効となる5年間を経過している
・時効までに一切返済をしない
・時効援用の手続きをする
この条件を満たすことで、時効は成立します。
5年間何もなく過ごせるほど簡単ではありません。銀行、消費者金融もプロですので時効させまいと、色んな手で時効を中断させようとしてきます。
最初の段階として、消費者金融は返済をするよう電話連絡をしてきます。ここで、返済する意思を伝えてしまったり、借金していることを認めてしまうと、時効は中断します。
時効が中断されると、時効のカウントは振り出しに戻ってしまいます。
この状態から姿を消し連絡を絶って5年間の期間が必要になります。

借金を踏み倒そうと思ったら住所を変更したり違う名義で部屋を借りたり本人の名義は一切、使わないようにしなければ
情報が漏れてサラ金、銀行、クレジット会社から電話や請求書が届き時効が成立しなくなります。

 

自分の名前を一切、消し去りましょう。
貸金債権の時効期間が来ても時効の支援をしなければ完全に借金が消えた事にならないのです。

 

時効に関する相談を無料で受け付けている専門家がいるのでそういった事務所に相談するのが確実です。
もし時効だった場合は、時効の援用の手続きをそのまま依頼すればスムーズに解決できます。
時効の相談無料の事務所はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)