Pocket

キャッシングの仮審査について





インターネットによって手軽で便利なキャッシングによる融資を申込む場合の手順はとってもシンプルです。
画面の表示を確認しながら必要事項を何項目について入力した後、送信するだけの簡単操作で、
いわゆる「仮審査」を行うことができるようになっています。

アコムの場合、

生年月
性別/独身既婚
他社借入件数
他社借入金額
の4項目を入力し、ボタンをクリック!それだけです。

普通に仕事を持っている社会人でしたら、融資の事前審査に通らないなんてことはほぼ100%ありえません。
低収入のアルバイトとか臨時パートの場合でも希望すればほとんどの場合、即日融資してもらえるのです。
即日融資でお金を借りたい人は、インターネットを利用できるパソコンやタブレットまたは
スマートフォンやケータイを使用すると簡単なんです。
カードローンの会社のウェブページの指示に従って申込んでいただくことができるようになっています。

ノーローンが実施している「回数限定なしで、キャッシングから1週間以内は無利息」なんてすごく魅力的な
条件での利用が可能な場合もあります。
見逃さずに完全無利息でOKのお得なキャッシングの良さを確かめてみてはいかがでしょうか。

初めての借入れではなく他社借入件数が多いと融資の事前審査がNGになる事があります。

ためしに、「30代独身男性」という設定で診断をおこなったら、以下のような結果になりました。

他社借入が3件400万円→OK
他社借入が4件100万円→NG
やはり他社借入件数が重要です。

借入れは年収の三分の一までの金額は可能です。

クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)については、総量規制の対象となりますので、
年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできません。
但し、クレジットカードを使った商品購入(ショッピング)は、貸金業法の規制の対象外ですので、
年収の3分の1を超える借入れがある場合でも、クレジットカードで買い物をすることは可能です。

詳しく説明すると借りた金額のうち銀行からの部分は融資総額の規制をする総量規制の対象にならないので、
カードローンでの融資を考えているなら銀行に申し込みするのがいいと考えられます。

要するに融資の限度額について、本人の1年間の収入の3分の1以上になる金額については原則として
融資は無理だという法規制になります。

緊急の時に役立つキャッシングは会社ごとの既定の審査が素早く行われ、即日キャッシングでの振り込みが
可能なタイムリミットが来る前に所定の契約に必要な申し込み事務作業が完璧に終了できていれば、
マニュアルに従って即日キャッシングのご利用ができるようになるんです。

仮審査で大切なことがあります。カードローンを申込む際は、次のような点がポイントになります。

虚偽の申告をしない

氏名や住所、勤務先、年収などについては、偽りの申告をしないようにします。 偽りの申告で仮審査を通り、
申告の嘘がバレて本審査に落ちた人もいます。
金融機関でお金を借りる時は、最初から正直に審査に臨んで、結果を待つ姿勢が大切です。

正確に伝える
審査に通りやすい内容を伝えるのではなく、自分の情報をきちんと正確に伝えます。

他社借入や延滞が無いようにする
本審査では個人信用情報機関を通して、過去の借入状況、返済状況が調べられます。できる限り、
他社借入や延滞の無いようにします。
でたらめにお手軽で便利だからとキャッシング審査の申込をしてしまえば、本来は特に問題もなく
認められるはずだと思われる珍しくないキャッシング審査だとしても結果が良くないケースだって想定されますから、
あまり軽く考えないほうがいいでしょう。

一切利息のかからない無利息期間が設定されている魅力的な即日キャッシング対応できるところを
徹底的に調査してから活用できれば、利率の高低に悩んで困るなんてことがなくキャッシングできるわけですから、
気軽にキャッシングしていただける借入方法なのです。

キャッシングですが、大手銀行系列の会社でキャッシングではなくカードローンとご紹介、案内しているようです。
一般的な使い方は、個人の利用者が金融機関(銀行や消費者金融など)から現金で借りる少額
(数万から数百万円くらいまで)の融資。これを指してキャッシングという場合が多いのです。