マイナンバー制度が始まると副業や借金がばれる!?

マイナンバー制度は、簡単に言うと「国民総背番号」です。
国民一人一人に番号を振り、複数の機関に登録されている個人情報を一元管理することで把握しやすくするというものです。

国民一人一人に12桁の番号が付与されます。昨年の平成27年10月から。
10月以降マイナンバーが記されたカードが送られてくる予定です。

また、平成28年1月からは社会保障、税、災害対策で使用することになっています。

マイナンバー

マイナンバー制度の導入の目的は3つ。

  1. 所得などを正確に把握(不公平をなくす)
  2. 行政手続きの簡素化
  3. 行政機関の作業効率化

となっています。一番は、所得などを正確に把握することでしょうか。税金や社会保険料の徴収を強化するというのが目的です。
自営業とサラリーマンでは所得等の正確性が違うともいいますからね(ホントのところは知りませんが)。

マイナンバー記載のカードを持っていけば、児童手当の申請などで住民票や源泉徴収票などの必要書類を添付する必要がなくなります。

源泉徴収票にマイナンバーが記載される

マイナンバー制度が始まると源泉徴収票にマイナンバーが記載されます。

源泉徴収票を作成しているのは企業側なので、マイナンバー記載の源泉徴収票を企業は税務署に提供することになるようです。
正確に把握することで違法状態をなくすってのが制度の趣旨です。

会社に副業はバレる・・・?会社に借金がばれる・・・?

「税や社会保障の不公平をなくすこと」が制度の趣旨なので、副業しているのであれば、年間20万円以上
になったら確定申告で住民税の納付を「普通徴収」にしておけば問題ないと思います。

会社に借金がばれる・・・?

 

民間企業が、マイナンバーから個人の情報を取得することは出来きません。その為、会社にマイナンバーを教えなければなりませんが、会社がそのマイナンバーから個人の借入状況などを調べることは出来ません

会社にマイナンバーを知らせるのは、義務になる。
会社は、マイナンバーから個人の借入状況などは調べられない。

要はマイナンバー制度が始まったからと言って、皆さんが心配されているような借入状況が会社にバレると言うことはありません。

マイナンバー制度が始まるとお給料やアフィリエイト報酬を受け取る為にはマイナンバーを知らせることが義務になってくるので、
ある程度の収入があるにも関わらず、税金を納めない場合は、国にはバレます。

ただこの状況では、会社へは「税金の未納」も「副業」も絶対バレません。