サラ金の借金取り立ての電話を無視したらどうなる?

Pocket

金融業者からの借金取り立て電話を無視したらどうなる?督促電話を止める方法!





金融業者(カードローン・サラ金・街金・闇金)の関係機関からお金を借りて返済期日を過ぎても返済せず、
さらに数日経つと金融業者から返済の電話がかかってくるようになります。・・・うっとうしいですよね。

お金を返済できない時は返済できない理由があるのです。
お金があればすぐに返済するはずです。(中にはわざと返済しない強者もいます)
お金の返済催促の電話がかかってきて電話にでれば返済がなぜ遅れているのかなど
いろいろ聞かれるのが面倒なのです。

そのまま電話を放置していても借金が無くなるわけではありません。
借金延滞と共に利息が膨らんで借金がどんどん溜まってきます。

 

借金の返済を無視し続けると督促状が届く





金融機関の借入先からの電話連絡を無視し続けると、ほとんどの場合、「支払督促状」という書面が自宅に送られてきます。
支払督促状の内容は、「〇〇様と全く連絡が取れないので、これ以上は法的な手段を検討させていただきます」というものです。

借り入れしている人の中に家財一切を人から借りて生活している人がいます。
個人から借りた場合は、家電/家具など○○日に借りた旨の借用書を持っていないと本人の物と判断し
差し押さえの対象になります。

※他人の家電家財その他の物を使って生活していたら差し押さえ対象外になります。
この方法を使う方もいるようです。

 

借金返済の督促電話を止める方法!

金融機関の消費者金融やクレジットカード会社から毎日ようにかかってくる督促電話を止めるには
業者の電話番号を着信拒否に設定すれば一時的には電話を受け取らなくてすみますが
業者も金融のプロです。
そのままという事はできません。



その1.滞納している利息または元金を支払い督促電話を止める

金融機関から電話がかかってきたら利息または元金の一部を支払えば全部一括で払えなど
と言わないでしょう。
焦げ付くより少しでも利息及び元金を回収したいのです。

 

ですから、すぐには支払えなくても『〇月〇日までなら、延滞分を支払います』という約束するすれば、
期日を延ばしている可能性もあります。

 

近いうちに入金の予定があるのでしたら、『〇日が給料日までのその日まで、返済を待ってくれませんか?』
とお願いしてみてください。待ってくれる事でしょう。

 

その2.法廷時間外にかかってくる督促電話を止める

金融業者が返済の電話をかけられる時間帯が決まっているのを知っていますか?

 

消費者金融や信販会社が督促をしても良い時間というのは、法律で『朝8時から夜21時まで』と定められています。
上記時間帯以外の電話は違法なのです。

貸金業法21条に違反する行為なのです。

 

お金を借りている人の平穏な暮らしを邪魔する権利はありませんので、すぐに警察に相談をしましょう。
朝8時から夜21時まで督促電話をかけることは認められていますので、その時間にかかっている電話でしたら、
この方法で止めることはできません。




その3.弁護士へ債務整理を依頼して督促電話を止める

賃金業法により、貸金業者は弁護士から受任通知を受け取ると、その時点から催促を行ってはならないと定められています。
受任通知は債務整理の手続き開始と同時に送付されるので、債務整理を依頼するとすぐに催促の電話は止まります。

 

最近は相談無料の弁護士事務所がどんどん増えており、事務所まで足を運ばなくても電話相談できる事務所も多いので、
いくつか候補を決めて、連絡してみるとよいでしょう。

 

依頼を受けた弁護士が債権者(金融会社や信販会社)と直接交渉する『任意整理』や、
持家は処分せずに借金を大幅に減額する『個人再生』など方法はさまざまです。

7日間聞き続ければ臨時収入が入ってくる音楽

音楽を聴き続ければどこからともなくお金が入ってきます。
思わぬ人からの援助だったり宝くじに当選したり、残業でいつもより多くの収入になったり
と不思議に思わぬ所からお金が入ってくる音楽です。

心安らかに1週間、聴き続けるだけでお金が入ってきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)